「お腹ダイエット」運動をしてキュッと細くなる!簡単な方法

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

年齢とともに、「お腹周りが気になってきた」と感じている人もいるでしょう。「ダイエットをしたいけれど、お腹周りを痩せるためには、何をしたら良いのだろう」と迷っている人もいるでしょう。ダイエットといっても、数多くの方法がありますから、何を選ぶかによってダイエットに成功出来るか否が変わってきます。

スポンサーリンク


運動でインナーマッスルを鍛える

43d102665772d0c700653791e2b380ec_s

ダイエットをしたいと考えている人は、人によって痩せたい部分や目的が異なります。そのため、自分に合った方法を選ばなければ、ダイエットに成功することは出来ません。「お腹周りを鍛えたいけれど、どういったダイエットを取り入れたら良いのだろうか」と思っている人は、腹式呼吸を意識することと、ウォーキングの取り入れがおすすめです。

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s

腹式呼吸というと、「呼吸方法なんて、ダイエットに関係ないだろう」と思われる人が多いですが、呼吸が浅くなっている人がふえてきており、腸内活動への影響も出てきています。腹式呼吸は、息を吸う際にお腹が膨らみ、吐く際にはお腹がへこむように行う呼吸法となりますが、これをゆっくりと意識しながら行っていくことで、お腹周りに脂肪がつくことを予防する効果もあります。

ec17aac7df06c3c2048e6654b8444731_s

ウォーキングは、誰でもいつでも簡単にはじめられますから、とてもおすすめの有酸素運動となります。運動が苦手な方でも、ウォーキングであれば無理なく行うことが出来るでしょう。

より効果的に行うためには、歩く際に腹式呼吸を意識すること。こうすることで、より効果的な有酸素運動を取り入れることが出来ます。「運動をしなければ」と思うのではなく、「散歩に出かけよう」と思えば、ダイエットとしてのウォーキングもそれ程苦にはならないはずです。

スポンサーリンク


「クランチで手軽に運動する」

93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

「お腹周りを改善したい」と考えている人は、「家で出来る、簡単な運動はないだろうか」と思っている人もいます。仕事や家事、育児などに追われている人の中には、「ダイエットのために、時間を作ることは難しい」という人も多いですから、運動も手軽さ重視という方も多いでしょう。

そんな人におすすめなのは、クランチという腹筋運動。この方法であれば、ちょっと空いた時間を利用して、お腹周りの運動をすることが出来ます。

*クランチの方法

クランチの方法は、とても簡単。

まずはあおむけの状態で膝は90度に曲げた状態で足を上げていきます。そして、肩が上がるところまで上半身を起こしていきます。普段、運動をしていない人であれば、これだけでもかなり苦しいでしょう。しかし、普段使われていない腹筋が使われていることが分かるはずですから、お腹を意識してキープしましょう。

クランチの注意点は、反動を利用しないこと。ついつい、反動で上半身を起こしがちですが、これでは腹筋を使うことが出来なくなってしまいます。腹筋を使っていることを意識しながら行っていくことで、お腹周りを引き締める効果を得られるでしょう。

「体を伸ばす運動」

e683cf32e215f814213d2ad413c8ed31_s

ダイエットをしたいと考えている人の中には、「運動は苦手」という人もいます。そのため、無理をして運動を取り入れてしまうと、結局続けることが出来ず、ダイエット効果も得ることが出来ません。

そんな人にはストレッチがおすすめです。ストレッチであれば、体を伸ばすことが基本ですから、運動が苦手な人でも続けやすい方法と言えるでしょう。お腹周りを引き締めるためには、ひねり運動が効果的。

e94527512fcc9573f985d974d5020d56_s

例えば、座っている時に左右に体をひねる、立った状態で腰回りをクルクルと回すのもひねり運動の一つ。左右交互に行っていくことで、腰回りの筋肉を伸ばすことが出来るでしょう。

「お腹ダイエット」運動をしてキュッと細くなる方法まとめ

ダイエットをはじめると、「運動をしなければ」と義務的にはじめる人もいます。しかし、これでは続けることが出来ません。運動を取り入れる際には、無理なく行えるもの、苦にならないものを選び、毎日続けることがポイントとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る