「ぽっこりお腹解消!」5センチ痩せる!簡単な方法

3efd38e388476163737d1ce523530328_s

女性の中には、痩せているにも関わらず、お腹だけがぽっこりと出てしまっている人がいます。お腹が出ていると、体にフィットした洋服を着ると目立ってしまいますから、「このお腹、なんとかならないだろうか」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんな人は、ぜひこちらを参考にぽっこりお腹を解消していきましょう。

スポンサーリンク


「どうしてぽっこりお腹になるのか」

b304327ae6581a124e639f3c6a904471_s

お腹が出てくると、「食べ過ぎが原因だろう」と思っている人が多いと思いますが、実はぽっこりお腹の原因は食べ過ぎだけではありません。ぽっこりお腹に悩んでいる人の中には、「それほど、たくさんの量を食べているわけではないのに、どうしてこんなにお腹がぽっこり出てしまうんだろう」という人もいると思いますが、それは筋肉や内臓の位置が原因となっているかもしれません。

92b5a3692b3b2b105ecea5adcb944549_s

ぽっこりお腹の原因は、実は腹筋が弱っていることから、正しい姿勢が保つことが出来なくなり、お腹がポッコリと出てしまうことがあります。

「改善出来るのだろうか」と心配になっている人もいると思いますが、腹筋が弱いと感じている人は、腹筋を鍛えていくことで姿勢を正すことも出来、ポッコリお腹を解消することが出来ます。

1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s

また、運動不足の人の中には、「ほとんど、歩くことがない」という人もいるでしょう。仕事やプライベートでも、車を利用している人であれば、近場のコンビニに行く際にも車を利用している人が多いでしょう。

そのため、運動不足となり、下腹に脂肪がたまりやすくなってしまいます。特に、太ももの表側がパンパンになっていると感じている人や、裏側にたるみを感じる人は、脂肪がたまりやすい状態となっていますから、ストレッチなどをしてぽっこりお腹を解消していきましょう。

中には、内臓の位置がずれてしまっていることで、お腹がぽっこりと出てしまっている人もいます。こういった人は、内臓下垂と言われており、内臓がずれてしまっていることで本来の働きが出来ず、ぽっこりお腹をつくり出してしまいます。内臓の位置がずれている人は、体幹トレーニングなどを行い、お腹周りの筋肉を鍛えて、内臓の位置を正しい場所へと戻していくことが必要となります。

スポンサーリンク


ぽっこりお腹の解消は、呼吸の見直しから

43d102665772d0c700653791e2b380ec_s

ぽっこりお腹を解消しようと考えた時、腹筋をするなどの運動を取り入れる人が多いと思います。しかし、せっかく解消をしようと考えるのであれば、より効果的な方法を取り入れたいもの。

実は、ぽっこりお腹の解消には呼吸も大切となります。「呼吸なんて、自然にしているものでは」と思われる人も多いと思いますが、現代人は呼吸が浅くなってきていると言われており、これが原因でぽっこりお腹となってしまっている人もいます。ゆっくりと内臓を動かしながら呼吸をしていくことで、気になるぽっこりお腹だけではなく、気分転換も出来るはずです。

8fa0b6c73b24a453e46af374a6022390_s

*お腹ぽっこりを解消する呼吸方法

呼吸の方法は、とても簡単です。ぜひ寝る前などにやってみて下さいね。

まずは、床に横になります。そして、お腹を意識しながら呼吸をしていきます。この時、息を吸った時にはお腹が膨らむ状態、吐いた時にはへこむ状態を意識しながら行っていきましょう。

ゆっくりと呼吸をしていくことで、内臓をしっかりと動かすことが出来ます。

エクササイズでお腹を鍛える

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

呼吸がしっかりと出来たら、エクササイズをはじめましょう。エクササイズも簡単なものですから、毎日続けることがポイントです。

*お腹周りを鍛えるエクササイズ

腕立て伏せの姿勢になり、手は肘を床に就けた状態からスタートします。この時、頭からおしりにかけて一直線になるように意識し、ぶれないように体を暗点させます。そして、ここでゆっくりと呼吸をしていきます。15秒から30秒キープ出来れば、これでOK。

こうして体幹を鍛えていくことで、正しい姿勢に改善することも出来るでしょう。

「ぽっこりお腹解消!」5センチ痩せる方法まとめ

ぽっこりお腹になると、誰でも「どうにかしたい」と思うものです。解消したいと思うのであれば、今日からでも取り入れられるエクササイズを取り入れましょう。毎日、コツコツと続けていくことで、体の変化に気づくことが出来れば、モチベーションアップにもなるでしょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る