気になる「下腹部痩せ」に効く!簡単なストレッチ3つの方法

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s

一見痩せて見える人の中にも、「実は、下腹が気になっている」という人がたくさんいます。下腹は、脂肪が付きやすい部分ではありますが、落としにくい部分でもあります。「どうすれば、効果的に下腹をすっきりさせられるだろう」と思っている人は、ストレッチを取り入れてみませんか。

スポンサーリンク


自宅ストレッチで、お腹周りをすっきり

e7d7d5a920889228f7166192f5b1b3df_s

「下腹の脂肪を落としたい」と思っている人の中には、「何をすれば、落とすことが出来るのか分からない」という人もいます。「運動を取り入れたくても、どうすれば良いのか分からない」という人も多いでしょう。そんな人は、自宅で簡単ストレッチをはじめましょう。下腹に効果があるストレッチは、足上げストレッチがおすすめです。

*足上げストレッチの方法

 

仰向けになり、手は手のひらを床に付けた状態でまっすぐにのばします。この時、背中などが浮いていないか注意しましょう。そして、この状態でゆっくりと息を吸いながら右つま先を天井に向けて伸ばしていきます。この時、お腹周りの筋肉を使っていることを意識することで、より効果的にストレッチをすることが出来るでしょう。

次は、ゆっくりと息を吐きながら足をおろしていきますが、この時右の踵が床に着かないギリギリのところまでおろします。そして、またゆっくりと息を吸いながら天井に向けて伸ばしていきます。右足、左足、同じ様にゆっくりと15回程度繰り返し行いましょう。

ストレッチのポイントは、使っている筋肉を意識すること。そして、呼吸を忘れないこと。ゆっくりと呼吸に合わせて動かすことが大切です。

スポンサーリンク


仕事中にもこっそりストレッチ

f3d39f77181d8a5e41a9af52db5d244c_s

仕事をしている人の中には、デスクワークが多い人もいるでしょう。そんな人は、仕事中にこっそりストレッチを取り入れて、お腹痩せを目指すことが出来ます。

*仕事中こっそりストレッチ

方法は、浅めに椅子に座ります。背中は、寄りかからないようにし、背筋をピンと伸ばしましょう。そして、両足を揃えた状態で床から直角に曲げ、この状態で10秒キープします。この時も、お腹に力が入っていることを意識すると良いでしょう。

この方法であれば、仕事の休憩時間などにも気軽に取り入れることが出来ますし、空いた時間を有効利用することが出来ます。毎日、このストレッチを続けていくことで、仕事中にお腹を引き締めることが出来ますから、嬉しいですよね。自宅でも、椅子があれば簡単に出来ますから、テレビをみながら取り入れるのも良いでしょう。

 

お尻歩きでインナーマッスルを鍛える

ff16e6573f58eaf10dc81f0c3f113d8e_s

女性の中には、骨盤の歪みなどが気になっている人も多いでしょう。立ち仕事の人、長時間座っていることが多いデスクワークの人は、骨盤に影響が出てしまっている可能性もあります。

そんな人は、お尻歩きで骨盤を正しい位置に戻し、お腹周りをすっきりさせましょう。お尻歩きは、とても簡単。

*お尻歩きの方法

床に足を延ばした状態で座ります。そこから、お尻で前、後ろに進みます。足を動かすのではなく、お尻を動かすことを意識して前に進みましょう。10歩進んだら、次は10歩後退します。これだけで、お腹と腰周りのインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

お尻歩きをする際は、固い床では傷みが伴いますから、クッションなどを取り入れて柔らかい場所で行う様にしましょう。

「下腹部痩せ」に効く!簡単なストレッチ3つの方法まとめ

747b8f2a4054fb149a68268ee2a20fb9_s

下腹部というのは、とても気になる部分。部分的なダイエットを目指すのであれば、部分的な筋肉を鍛えられるこれらのストレッチを取り入れると良いでしょう。ストレッチを行う際には、「今、どこの筋肉に刺激が加わっているか」と意識しながら取り入れることで、よりお腹周りへの効果を高めることが出来ます。「お腹周りを使っている気がしない」「お腹周りに効果がない」という時は、ストレッチ方法が間違えていると考え、ストレッチ方法を見直してみましょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る