【男性のお腹の脂肪】の落とし方!「触ってもいい?」と言われるお腹に

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

女性は男性の引き締まったお腹が好き?男性の皆さん、年齢を重ねるにつれ、お腹に余計な肉がついてきて悩んでいませんか?実はそういった男性は非常に多いのです。女性は、男性に自分にはない、たくましさを求める傾向があります。そのため、腕の筋肉やお腹の腹筋に魅力を感じます。腹筋が割れている男性を見ると、女性は「触ってもいい?」とみんなでこぞって、集まってきて、その男性はあっという間に英雄となります。そうです。

3b42b53e999581472c01a6971bada9c9_s

女性は男性の引き締まったお腹が大好きなのです。脂肪がついてプヨプヨしているお腹が好きという女性もいますが、少数派と言えます。女性からの人気を得たいのであれば、男性はまず、お腹の脂肪を落とすことが一番です。でも、なかなかそんな簡単にお腹の脂肪を落としたりできないから挫折してしまうという方も多いことでしょう。そんな男性、必見のお腹の脂肪の落とし方をご紹介いたします。女性から、ちやほやされたい男性は、以下のプロセスをこなしましょう。

スポンサーリンク


913df4601382415e5fe604a0ba5bd29f_s

男性は女性に比べて内臓脂肪を蓄えやすい身体をしています。内臓脂肪は、落としやすいという性質をもっていますので、ダイエットしやすい脂肪と言って間違えありません。

内臓脂肪を減らす為には、まず、余計な脂っぽい食事は、控えましょう。食べるなという訳ではなく、量を抑え気味にしていきましょう。食べたいのに我慢するとストレスをためてしまい逆効果になってしまいます。男性のお腹の内臓脂肪を落とす為に、オススメなのが水泳です。

9237c44e7693aed16b44bcf6ea09bcc5_s

水泳選手は、キレイな逆三角形の体形をしていますよね。水泳の威力は半端ないのです。水圧がかかる分、地上の運動よりも効果が出やすいですし、必要な個所に筋肉がしっかりとつきますので、内臓脂肪も燃えやすいと言えます。また、水泳ができると身体のラインが出る夏などのイベントで、思いっきり楽しむことができます。

7d088978daf2d90aec096d1b54d7a875_s

水泳は、クロール、平泳ぎの二種目は泳げるようにしておきましょう。早くなくてもいいので、ゆっくりと自分のペースで優雅に泳ぐといいでしょう。見た目以上に水泳は、身体全体の力を使う種目です。プールでの競技となってしまうので、毎日は無理でも週に1回は水泳ができると内臓脂肪の撃退にうってつけと言えるでしょう。

  • 男性用毎日行うべき脂肪撃退方法

8a5e58d3fc326047edc878e3152cce8f_s

水泳は毎日通うことは難しいですが、毎日家でもできる男性用お腹の脂肪の落とし方があります。男性は筋トレをやればやるだけ本来の良さを出せます。しかし、急に本格的な筋トレは苦しいと思いますので、夜、寝る前に行えるお腹の脂肪を落とせる運動をご紹介いたします。

◆脂肪を落とす運動

 

・両足でボールやペットボトルなどをはさんで仰向けに寝る。

・両足を70度位までゆっくりと上げる。(このときに起き上がらないように注意)

・10秒程キープする(呼吸は止めない)

・両足をゆっくりと10~20度位の高さまでおろす。

・上記を繰り返す

この流れを毎日5セットはやるようにしましょう。

慣れてきたら、両足で空中に自分の名前を書いてみてもいいですね。お腹に意識を向けてお腹の力で足全体を動かすような気持で行いましょう。とにかく、習慣付けていけるように1週間はさぼらず続けていくことが大事です。初めの1週間がキーワードです。この運動は、水泳と違い家でも気軽にできるので、自分がちやほやされている姿を想像しながら、頑張って続けていくことが大事です。

【男性のお腹の脂肪】の落とし方!「触ってもいい?」と言われるお腹にまとめ

e560c83b90620c435f7e7b5dba6db482_s

・女性にモテたい男性はお腹が大事だと知ること

・女性にモテたい男性は、水泳を極めること

・女性にモテたい男性は、家でも脂肪撃退運動を行うこと

男性のお腹の脂肪の落とし方についてまとめてみましたが、いかがでしたか?今回ご紹介させていただいた水泳と家での運動を極めて、筋トレ欲が沸いたら是非次のステップとして本格的な筋トレをおこなってみてください。同時に卵の栄養は素晴らしいので毎日卵を食べるように習慣付けるといいと思います。素敵なお腹になって女性からキャーキャー言われてしまいましょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る