ぽっこりお腹を3センチ細くする!簡単な体操

747b8f2a4054fb149a68268ee2a20fb9_s

ぽっこりお腹は便秘や運動不足、骨盤のゆがみが主な原因だと考えられています。代謝が落ちるために、余計な脂肪を燃焼できないのです。ぽっこりお腹を3センチ細くすることを目標に、毎日できる簡単な体操をご紹介します。

スポンサーリンク


■1週間続ければ効果が出てくる脚上げ体操!

23a98d0398262f6fbdacf6a7974f7f0b_s

仰向けになり、背中や肩が浮かないようにします。その後、左膝を立て、腰もあまり浮かないように注意します。そして、息を吸いながら、右の脚を上げ、つま先を天井方向へ伸ばします。最後に息を吐きながら、右かかとをゆっくりと床ギリギリに下ろしていきます。

そのまま同じ動作を15回。左脚も同じように15回繰り返します。かなり、お腹の筋肉である大腰筋に力を入れることができます。普段、何も運動していない人は、片脚5回、10回、15回とゆっくり数を増やしていきましょう。初めから15回連続でこの体操をできる人は、1週間でぽっこりお腹を解消できますよ。

■まったく運動をしていない人におすすめの体操

399463

先ほど述べたような体操は続けられる気がしないという人には、ゆっくりと取り組めるとても簡単な体操をおすすめします。仕事などで、時間がとれず、全く運動をしていない人にもおすすめです。

骨盤のゆがみを直す体操です。1つ目は、両足のかかとを合わせます。つま先を直角に広げ、左手の人差し指を右手で握り、忍者のポーズを作ります。忍者はっとり君の「ニンニン」ポーズですね。

息を吸いながら、腕を伸ばします。かかとが離れそうになりますが、そこをぐっと我慢です。そして、伸びたところで、お腹の底から息を吐きながら、心の中で5数えます。これを5回繰り返しましょう。簡単な体操なのに、効果てき面です。ポイントは伸びたときに絶対両かかとをくっつけたままにしておくこと。ちょっとでも離れたら、やり直しをしましょう。

2509cfdac5bd64d11128b0686d2b5954_s

2つ目の体操も簡単。ウェストの位置を上げる体操です。これも、骨盤のゆがみをとる効果があります。まず、右足を軸に左足を交差して立ちます。そして、両手も胸の位置で交差しぐっと胸を押しておきます。そのまま、右斜め45度を向きます。これで複式呼吸を3回。その後、左も同じように3回。体操の基本は複式呼吸です。

3つ目は、お腹伸ばし体操です。うつ伏せに寝転んで、肘で上体を支えながら、反らします。このときに、お腹が伸びているなと感じるところでやめましょう。お腹の筋肉が活発に動くように促す体操です。

4つ目は、イスに座っているときの体操です。イスに座り、お腹を意識しながら片方ずつ足を上げます。簡単にできるなら、両足同時に上げても大丈夫。お仕事の合間にも、ぽっこりお腹対策ができますね。

スポンサーリンク


■長い時間続ければ、身体全体にも効果が出る体操

aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s

有酸素運動に近い運動です。しかし、マラソンみたいに膝を痛めてしまったりということはありませんので、安心してください。両足を肩幅に開き、右の肘は左の膝に、左の肘は右の膝にと交互にくっつけましょう。くっつけるときは、良い姿勢を保ちながら、身体の正面でタッチします。難しくないので、テレビを見ながらするとかなりの時間が経っています。自然と続けられる体操です。最初は、ゆっくり動作を一度ずつ確認しながら、慣れてきてスムーズになれば、少しペースを早くするなど、それぞれのペースにあった調整ができます。

ぽっこりお腹を3センチ細くする!簡単な体操まとめ

e7e556fee28f6057e65d4f1a6d1b0717_s

ぽっこりお腹を細くするためには、腹筋が良いと思っていませんでしたか?腹筋の前にまず身体の新陳代謝を上げるような体操や骨盤のゆがみを直す体操を行うことで、細いウェストが手に入りやすくなります。また、激しい運動では続かないという人にも、短時間で楽にできる運動もあります。短時間でも毎日続ければ、自分の思っている以上の効果が出ますよ。やはり無理せず、自分に合った体操を行うことがぽっこりお腹解消の近道ですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る