【お腹の脂肪】運動をしてメラメラ燃やす方法

1700ec56fa396b05d10486da417d0f65_s

お腹に脂肪がつく原因のひとつには、代謝が落ちて脂肪を燃焼しないためと言われています。その他、猫背や冷え性なども脂肪が燃えない理由とされていますね。お腹の脂肪を燃焼させるおすすめの運動をご紹介します。

スポンサーリンク


■ねじり運動でお腹の脂肪を取る!

7f971044e69a989d91d78faa33c41117_s

ねじり運動で、お腹の脂肪が取れ、念願であるウェストのくびれが手に入ります。

壁の前に背を向けて立ち、両足は肩幅に広げます。そして、右に振り向き、壁にタッチします。タッチしたときに、5秒静止します。左も同様に、1セット10回ずつ行いましょう。とても簡単で楽なので、暇さえあればしてしまう運動です。

また、足を肩幅に開き、体の軸をずらさないようにしながら左右にゆっくりひねります。左右5~10回ずつがベストです。脂肪燃焼効果が高まります。

■両足の上下運動

8db460a4e0242e127cdf1f5b1ae856c0_s

ねじり運動だけでは物足りないけど、激しい運動は苦手という人には、足の上下運動をおすすめします。色々なパターンの運動があり、意外とお腹の脂肪燃焼にも効果がありますよ。

仕事や家事の合間には、イスに座っているときの運動はどうでしょうか。

①イスに座り、お腹を意識しながら片方ずつ足を上げます。簡単にできるなら、両足同時に上げても大丈夫です。

②次に、仰向けになり、片足ずつ垂直になるまで、足を持ち上げます。ゆっくり足を下ろして床につく手前で止めます。息を吐きながらゆっくり5秒ほど止めましょう。慣れてきたら、両足で行いましょう。

 

1週間ほどでお腹の脂肪が燃焼する運動です。長時間できる両足の上下運動は、両足を肩幅に開き、右の肘は左の膝に、左の肘は右の膝にと交互にくっつけましょう。

くっつけるときは、良い姿勢を保ちながら、身体の正面でタッチします。難しくないので、テレビを見ながらするとかなりの時間が経っています。最初は、ゆっくり動作を一度ずつ確認しながら、慣れてきてスムーズになれば、少しペースを早くして下さい。

■骨盤のゆがみを直すことがお腹の脂肪を解消する近道

13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s

 

①両足のかかとを合わせます。

②つま先を直角に広げ、左手の人差し指を右手で握り、息を吸いながら、腕を伸ばします。かかとが離れそうになりますが、そこをぐっと我慢です。

③そして、伸びたところで、お腹の底から息を吐きながら、5秒静止します。

これを5回繰り返します。伸びたときに絶対両かかとをくっつけたままにしておくことに注意しましょう。

次の運動は、右足を軸に左足を交差して立ちます。そして、両手も胸の位置で交差しぐっと胸を押しておきます。そのまま、右斜め45度を向きます。これで複式呼吸を3~5回。左も同じように3~5回行います。

■有酸素運動で代謝向上

2959ca1a7f0dfaa77557e65cfc79bfab_s

代謝を上げるためには、有酸素運動がやはり良いそうです。ジョギング・スクワット・ウォーキングが代表的な有酸素運動ですね。

どれもメジャーな運動ですが、膝や腰を壊さない程度にしましょう。脂肪は燃焼する運動ですが、無理は禁物です。継続して行える程度が良いのではないでしょうか。

例えば、ウォーキングは、仕事や学校の往復に10分程度歩けるのであれば、その程度で十分です。また、スクワットは15回程度でお腹周りの脂肪には効果が出るそうです。自分で思っているよりも、少ない時間や回数で良いのです。

【お腹の脂肪】運動をしてメラメラ燃やす方法

お腹の脂肪を燃焼させる運動は他にも沢山あります。紹介した運動の中で、1つだけではなく、自分に合う運動を組み合わせて行うとより効果が出ます。運動の前は、ストレッチを忘れずに行い、筋肉を伸ばすことで、脂肪燃焼をより進めます。日常的に体を動かすことで、太る原因のひとつであるストレスの軽減にもつながりますので、是非、運動を続けましょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る